子どもの集中力に悩むお母さんが効果を実感

「塾の先生からうちの子、受験は諦めた方がいいっていわれるんです・・・」

とお話されたお母さんでもたった、3つのことを学ぶだけで子どもの集中力を伸ばしてあげられます

子供の集中力を5分で引き上げる無料講座をプレゼント

小学生の男の子は、脳と体の連動が上手くいかないと、考えることが苦手になってしまいます
お子さんは、猫背になったり顔を机に近づけたりして勉強していませんか?
  
椅子に座っても姿勢を維持できない、
鉛筆を持ってないほうの手が下がりっぱなしになっていませんか?

実は、このような状態は、お子さんが集中できる状態に「体」が整っていないのです。

なので、お母さんが繰り返しガミガミ言っても改善しないのは、「体」に原因があり、その状態ではお子さんの本来の力を全く発揮できていないのです。

こどもの姿勢のしつけ講座主宰
スマホ猫背アドバイザーの 片野よしえ です。

ある小学4年生の男の子がいました。
彼はサッカークラブに参加しながら、
勉強も中学受験に向けて取り組んでいました。

お母さんもそのことについて協力的で、
お父さんもそこまで積極的でないにしろ応援してくれていて、すごくいい環境だったのです。

ただ、この子は集中力がありませんでした・・・

お母さんは塾に行かせたり、家庭学習の教材を試したり、
運動する時間も削ったほがいいのかなといろいろ悩んだのですが、

でもどうしても学校でもなかなか落ち着きがなくて
家に帰っても宿題もなかなか進まなくて、どうしたらよいのかと困っていたのです。

こういった子どもには共通点があるのです。

こどもの集中力を下げる3つの要因とは? 

集中力を下げる3つのポイントを知って、そのことについて対処すればどんな子でも集中力を上げることができるのです。
  
特に小中学生の子は、改善する率がとても高いです。

こどもの集中力を下げる3つの要因についてと
その1日5分からできる
それぞれの対策の動画マニュアルを作成しました。

発達障害という言葉とは別に、

『発達停滞』(はったつていたい)といわれる言葉があるのはご存じですか?

発達停滞というのは、発達障害とは違い、
乳幼児期から小学生低学年で
日々の体の歪みを、そのままにしてきたことから

✔ 椅子に座っても姿勢維持できない
✔ 鉛筆を持ってないほうの手が下がりっぱなしになる
✔ 疲れたという言葉が多い
✔ すぐ寝転がる など

脳と体の連動が上手くいかないケースです。そうなると、

考えることが苦手になってしまうのです

小学生になったころは、
そんな集中力が無いとも思ってなかった。となると、停滞であるケースも少なくない。

脳と体の連動が上手くいかないというのは、体の軸が前後や左右にずれてしまうことで、本来の状態より体に力が入り、酸素不足や疲労感あらわれます。

また、ずれた状態では、視界からの情報を脳が処理するのに時間がかかり、集中し考えるどころではなくなってしまうのです。
リビングですぐ寝転ぶ子や疲れたと頻繁にいうようにもなります。

ポイントは、
体の使い方を「ほんの少し」変えることにあります

ほんの少しというのは、
激しいトレーニングや腹筋のようなものではなく、すべて日常生活にあります。

家庭でお子さんが過ごす場所を、「ほんの少し」見直すのです。それだけで、体が正しく使える様になります。

子どもが直接行うトレーニングも
1回5分からの親子時間で楽しく取り組めます。

お仕事したり、下のお子さんがいて忙しいお母さんでも、小学3年生以上は子ども自身でも取り組めるものになっています。

30年以上塾の先生をされている方も

姿勢が悪い子ほど、忘れ物や宿題忘れも多いと指摘します

お子さんの姿勢が悪い、
落ち着きがないことに気づいていたら、
落ち着いて学習に取り組めるようにしてあげる事が大事です。

無料講座で話している、集中力をUPする方法を行ってみることで

子どもの集中力が高まり、長時間勉強をすることができます。
  
だから、テストの点数もアップしますし、塾や家庭学習など、お母さんが勉強する環境をつくってあげたことを最大限に生かしていくことができます。

多くのお子さんが楽しく集中して勉強する環境を手にいれられるお手伝いができたら嬉しいです!

片野よしえのプロフィール

自身が19歳で3度のぎっくり腰、頭痛、吐くほどの生理痛に悩まされ、頭痛薬を常に持ち歩くような生活を送っていたが、体を骨の位置から改善する方法に出会い、長年の悩みから解放される。
  
自分の体が良くなったメゾットを伝えたいと思い、開業。現在開業7年目。
お客様に寄り添ったカウンセリングが定評となり、1時間以上かけて通っていただける人気店に成長。

お母さん世代を施術する中で、お母さんに子どもの背筋を伸ばす方法をお伝えしたところ、
「背筋が伸びて宿題にかける時間が減った」
「集中力がついてきた」
などの意見が多く、こどもの集中力を高めるためのオンラインレッスンに移行。

もともと、子育てが得意な分野でもなく、
「めんどくさがり」「飽き性」なお母さんの私も続けてできています。

「ずぼら母さん」だからこそ、
★ たった1週間で変化する
★5分から子供自身でできる
★ 生活の中で「ながら」で習慣にできる
ものを考案しました。

こどもの集中力を伸ばして、こどもの可能性を広げてあげましょう!!